依存症の悩み PR

ネットポルノ依存の恐怖

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ネットポルノをご存じですか?

ネットポルノという言葉だけを聞くとあまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、要するにインターネット上で閲覧する「ポルノ動画」「エロ動画」「Hな動画」ということです。

ひと昔前であれば、思春期になり触れるポルノというと、

  • エロ本(コンビニ等で売っている雑誌など)
  • VHSやDVDでのアダルトビデオ
  • TVでの大人の深夜番組

などが一般的でした。

2000年代前半頃からパソコン、そしてインターネットが普及するとインターネット上でのネットポルト閲覧は瞬く間に広がりました。

現代においてはポルノを見ると言えば一番手軽で身近なものとしてまずネットポルノが挙げられるのです。

それこそスマホで検索すれば、一瞬で自分の好みの刺激的なエロ動画が見れてしまうのです。

この記事では現代人のネットポルノとの向き合い方について書いていきたいと思います。

何故ネットポルノを見るのが問題なのか

ネットポルノを見るということにどういう問題があるのか。

またネットポルノに依存してしまうということはどういうことなのかを見ていきましょう。

昔のポルノと今のネットポルノはどう違うのか

昔から適度に、自慰行為をして射精をするというのは健康的に良いという話はよく聞く一般的な話かと思います。

あまり溜めすぎるのは身体に良くないということですね。

昔のポルノと今のネットポルノの異なる点てなんだと思いますか?

実物を手にしたのが昔のポルノ、ネットのみで完結する今のネットポルノ

昔のポルノは、店に行って店員さんや周りの客の目を気にしながら恥ずかしい思いをしてエロ本を買いに行ったり、客の少ない時間帯にレンタルビデオ店に行ってアダルトビデオを借りるというように、精神的にも物理的にもハードルが高い物でした。

更に借りてきたビデオを見ようにも、家にあるテレビがリビングにある1台だけだったとすると家族のいない時間を見計らって観るというように時間的な制限もありました。

現代のネットポルノでは、場所や時間にとらわれることなく、自分のスマホやパソコンさえあればすぐにエロ動画を鑑賞することが出来ます。

つまり観るためのハードルが極端に低く、スマホさえあれば誰でも手軽にアクセスできるのです。

そして昔のポルノとは異なり、ネットサイトのありとあらゆるエロ動画を、オンライン上で閲覧することが出来る為、ひっきりなしに飽きることなく、自分の好みのポルノを探し漁ることが出来るのです。

そのことから、現代のネットポルノは依存する確率が昔に比べると高くなる事がいえます。

ネットポルノを見続けると、他の事への気力が失われる

ネットポルノを見ても、自慰行為をしなければ良いか。

そのようにして、ネットポルノの動画を見漁っているだけでも問題なのでしょうか?

ネットポルノを「見るだけ」でも、自慰行為をしたくなるのはもちろんの事、ドーパミンが大量に消費されてしまうというのです。

ドーパミンが大量に消費されてしまうと何が問題なのでしょうか?

人それぞれドーパミンを1日に消費できる量というのは決まっていて、ネットポルノを見ることにより多くのドーパミンを消費してしまうことにより、他の活動に使うドーパミンが足りなくなり、意欲の低下・気力が無くなってしまうのです。

ネットポルノに依存してしまう理由

なぜネットポルノに依存してしまうのでしょうか。

  • 新しい刺激を求め続ける
  • 想像を超えた映像を提供し続けてくる
  • 見続けていると、見る事が習慣化してしまう

それぞれ詳しく解説させていただきます。

人は新しい刺激を求め続けてしまう

ドーパミンは新しい刺激で急増するということです。

マウス(ネズミ)を使った実験において。

オスのマウスと発情したメスのマウスを同じ檻に入れる。

狂ったように性交を始めるが、次第にオスのマウスは飽きてくる。

メスのマウスを新しいメスのマウスと交換すると再びボルテージが最高になる。

オスが常に新しい刺激を欲しいというのは、動物の本能であるということです。

ネットポルノを使えば、クリックするだけで次々と新しい女優さんであったりシチュエーションというのを体験でき、飽きることなく新しい刺激を得る事が出来る為、依存しやすいという点が挙げられます。

ネットポルノは想像を超えた映像を提供し続けてくる

想像を超えるエロ

ネットポルノは我々が頭の中で考えているような想像や妄想をはるかに超えてくるような「エロ」を提供し続けてきます。

ジャンルやシチュエーション、女優さんのスタイルであったりもそうですし、最近だと本当にアイドルみたいな可愛い人がネットポルノに出演しています。

驚きを受けたり、もっといろんなものが見てみたいという欲が次から次へと出てきます。

身近すぎるネットポルノ

ひと昔前の中学生と現在の中学生とでは初めて接するポルノの種類が異なります。

ひと昔前でしたら、マンガ雑誌のグラビアであったり、そういうものが多かったのではないでしょうか。

そういった(語弊があるかもしれませんが)刺激や肌の露出の比較的少ないグラビアから若いなりに色々と想像や妄想を膨らませていって、性への興味を目覚めさせていくということが一般的だったと思います。

しかし現在のネットポルノはあまりにも身近にあります。

スマホやパソコンで検索してしまえばあっという間に、驚くようなポルノ動画を見る事が出来てしまいます。

現実のパートナーより刺激的になるネットポルノ

現在では思春期の中学生がセックスというものに対していうと現実のパートナーとの実際を知るよりも前にネットポルノで、現実を超えた世界を見聞きしてしまうことが出来ます。

したがって自分にとって性の教科書・マニュアルがネットポルノになってしまうという恐れもあります。

更には現実のパートナー相手だと色々と面倒だと思うような手順を踏まなくてはいけない事でもネットポルノだと簡単に画面越しの美女相手に消費出来てしまうというのです。

次第にネットポルノを見るのが習慣化してしまう

ネットポルノを見続けると、次第にこれは習慣化していってしまいます。

昔のポルノ、それこそ雑誌やビデオテープ・DVDの時代は1冊・1本が終われば終わりなので「終わり」というものがありました。

現在のネットポルノには限りがありません。

次から次へと新しい作品が更新され続けますし、見ようと思えば飽きるまで見続けることが出来ます。

PCやスマホという現代人にとって非常に身近な機器を使用するのも中毒への近道です。

はじめは、インターネットで普通にネットサーフィンを楽しもうとか、youtubeの動画を楽しもうとしてPCやスマホを触り始めたのが、気づいたらネットポルノを見始めて自分のアソコを触っているなんてことになりかねません。

ネットポルノに依存するとどうなってしまうのか?

ED(勃起不全)になる

ネットポルノを見続けていることの弊害の1つ目として、ED(勃起障害)になるという恐れが挙げられます。

ここでいうED(勃起不全)はネットポルノでは問題なく、勃起したり射精できるが、実際の性交において勃起できなくなってしまうことを指します。

欧米の調査においても、ネットポルノが普及して以来ここ10数年の間に若年層のED率が格段に上昇してしまっているそうです。

この原因としては以下のように考えられます。

自分の手で触らないと勃起しなくなってしまう

ポルノ中毒になってしまうことによって、慢性的にネットポルノで自慰行為を行うようになってしまうと、初期の頃はポルノを見ただけで興奮して勃起をしていたモノが、次第に自分の手で触らないと勃起をしないという状態に陥りかねません。

ED(勃起障害)を持つ人がしばらくネットポルノを見るのをやめると一時的に「性欲喪失」のような状態になってしまい、恐ろしくなって再びネットポルノを見て自慰行為をするようになってしまうことがあります。

ネットポルノでの行為が本物よりもリアルになってしまう

若いころからネットポルノを利用した行為をしていると、そちらの方が「当たり前」という感覚になってしまい、リアルのセックスを「不自然」だと考えるようになっていってしまいがちです。

彼女とセックスをしながら、頭の中で一生懸命にネットポルノのことを考えて無理やり勃起させようとする等、リアルのパートナーを相手に自慰行為をするようになってしまう恐れもあります。

目新しさがない事によるドーパミン低下

ネットポルノを利用していると、画面上での様々なパートナー(女優さん)やシチュエーションがとっかえひっかえと次々に現れます。

しかし現実の性行為ではそうはいかず、じっくりとした相手との行為になる為、ポルノ中毒者にとっては目新しさというものが無く、ドーパミン不足で勃起不全を起こすというケースもあります。

ポルノ中毒になる

ネットポルノに依存しているのだから、ポルノ中毒になるのは当たり前だろうというツッコミをいただきそうですが、

ネットポルノ依存は、ドラッグ(薬物)などの物質依存等と同様のドーパミンを消費するように中毒性が高いという研究結果が出ているそうです。

根本的な活動能力の低下

ネットポルノ依存は身体的にも様々な不調を生じさせる危険性があります。

一概には言えませんが、参考にした本によりますとネットポルノ依存になると以下のような症状が現れる傾向にあるそうです。

  • コミュニケーション能力の低下
  • 無気力・上の空になる
  • ストレスや不安感・憂鬱などのメンタル不調
  • 集中力・思考力の欠如

等が主な症状としてあります。

まとめ

今回はネットポルノ依存の恐怖についてまとめさせていただきました。

まとめポイント

・昔のポルノと現在のネットポルノの性質の違い

・ネットポルノに依存してしまう原因

・ネットポルノに起因するED(勃起不全)その他心身の不調の恐さ

いかがでしたでしょうか。

また、改めて次回、ネットポルノ依存からの脱出についての記事を書きたいと思いますのでよろしくお願いします。

今回は下の書籍を参考にいたしました。

興味があったり、詳しく知りたい方は読んでいただけるとより理解が深まると思います。

ドーパミン復活禁欲法【対話版】: 読むだけで人生が激変するポルノ脳からの解放とオナ禁の手引き

インターネットポルノ中毒 やめられない脳と中毒の科学